酔った勢いで浮気して後悔

酔った勢いで浮気しちゃって、すごく後悔している人多いです

お酒に酔っての失敗談は色々ありますけど、男女共によくあるのが浮気

結構多いです。多いわりには取り返しのつかないレベルのダメージを受けることがあります。要注意です。

男性の方が多いと言われていますが、そんなことはありません。女性だって多いです。家庭に入っている奥さんなど、女性の方が異性とお酒を飲む機会が少ないからそう思えるだけで、そういうタイミングがあればどうなるかはその人次第。男女性別に関係なく浮気してしまう可能性は十分に考えられます。

お酒の酔い方は人それぞれ。気が大きくなる人もいれば、記憶が曖昧になってしまう人などいろいろです。摂取量によっても変わります。お酒に強い人、弱い人、本当に酔い方は千差万別。

でも、全員に当てはまることは、シラフのときよりも冷静な判断はできないってこと。少しのアルコール量でも運転しちゃいけないことからもわかりますよね。意識的に普段と変わらないと思っていても、判断力が低下していることは間違いないのです。

つまり、冷静な判断を下せない状態で流れに任せて浮気してしまうと、あとでとんでもない後悔が襲ってくることになります。

酔って浮気した人が後悔した理由

一つは自分の中の罪悪感です。パートナーに対する裏切り行為に罪悪感を感じてしまうことによる後悔です。

自分の中だけの問題なので、自然と罪悪感が消えてしまえば後悔の念も消えていくでしょう。

そう、パートナーにバレなければ。

2つ目はパートナーに浮気がバレてしまった場合の後悔です。酒に酔った勢いでの浮気。全然本気じゃないし、ただの遊び。それなのに、その浮気が原因で本命のパートナーと別れることになったら最悪最低です。

既婚者の場合は、離婚までいく可能性もあります。子供がいたら家庭崩壊です。浮気した自分有責の離婚なので、最悪子供に会うこともできなくなる可能性もあります。

離婚になった場合は、慰謝料も請求されます。自分が有責の浮気なので、全面的に不利な条件で離婚が成立するのです。

酔った勢いでの浮気が人生を崩壊させる可能性もあるというわけです。

同じく最終的には離婚へと行きつくであろう後悔は、浮気相手が本気になってしまった場合の後悔です。自分が遊びのつもりでも、その1回で相手に火がつき、関係の継続を求めてくる可能性もあります。

相手もパートナーがいる同志の浮気であれば、まだいいですけど、パートナーと別れて自分を選ぶようにせまってくるなんてこともありえます。そうなれば、パートナーにバレるのも時間の問題でしょう。最終的には離婚ということになります。

1回で終わればいいですけど、そこから浮気関係をスタートしてしまうこともあります。お互い浮気を割り切った付き合いであっても、パートナーにバレたら修羅場と化します。特に既婚者の不倫の場合は、慰謝料や親権など、裁判になる可能性もあります。浮気探偵を利用した浮気調査を行う人も増えています。浮気の証拠を掴まれたら圧倒的に不利な条件で離婚しなければいけなくなります。

浮気は酒グセの悪い女に注意!

酒グセの悪い男性とかいますけど、一番困るのが酒グセの悪い女性。

酔った勢いでセクハラしてくる男性がいたとしても、ほとんどの女性は嫌がるでしょう。でも、酔った勢いで逆セクハラしてくる女性がいたら…。男性は苦笑いして受け入れちゃうんじゃないですか?

酔った勢いでエロガールに変身しちゃう女性には要注意です。

キスしたりハグしたりしてくる

よくいる。キス魔ってやつです。ハグ魔もよく見かけます。

セックスしちゃう

酔って誰でもよくなっちゃう人も結構います。アピールされたら酔った男性なんていちころでしょう。


酔った勢いの浮気って割に合わなくないですか?

本気の浮気って言い方も変ですけど、淡い恋心が少しでもあった上での浮気とかなら、バレても自分で決めたことだとあきらめることができそうですが、酒に酔って冷静な判断を下せない状態での浮気で人生棒に振ったら最低ですよね。

酒は飲んでも飲まれるな。

トップへ戻る